今月の例会・居場所
  
   
  
   
 















 6月例会  6月16日(日) 


「こういうふうに話せばよかった」

オープンダイアローグと、家庭に対話をもたらす方法


 

          講師  竹内冬彦・けいこ 氏


      受付 1300  13:10 開始   16:50 終了


                      
名古屋港湾会館  第5会議室


我が国でも急速に注目を集めている「オープンダイアローグ(開

かれた対話)」。国内初の適用例はあの斎藤環さんが診ていたひ

きこもり当事者で、元気になって「ひきこもり新聞」まで創刊し

たといいます。話すだけで元気になるのはどうして?日常会話と

「対話」の違いは?まだまだ謎の多い「オープンダイアローグ」

について、実際にオープンダイアローグを用いて相談活動をして

いる支援者に話を聞いてみましょう。親子のコミュニケーション

にすぐ使える対話の方法についてもお話しいただきます。


 

講師略歴 竹内冬彦 ‘80年北海道生まれ。幼少時からの「がんば

り過ぎ」による心身の不調や大学休学を経て、’06年より精神保健福

祉士に。これまで医療機関や障害者相談センター等に勤務。’14年

5月より約1年間なでしこの会に勤務し、「フレンドシップなでしこ」神

宮前時代の相談員として奔走。’18年8月、「オープンダイアローグ」

を行う「相談室おうち」を名古屋市緑区に開設。


けいこ ‘82年名古屋市千種区生まれ。生後間もなくからの重度アト

ピーと喘息を生き延び、’06年より精神保健福祉士に。これまで医療

機関や子ども・若者支援センター等に勤務したほか、名古屋市緑区

初の「地域活動支援センター」立上げに関わり、初代施設長に。’

18年、夫とともに「相談室おうち」を開設。ダイアローグのアトピー当

事者支援への応用も目指す。

 




 


阿久比   

 7月6日(土) 

  
バーベキュー交流会 会費1000円

    12:00~14:30
  

  阿久比駅からの町営バスの時刻 1045 東部小下車
            (阿久比駅から徒歩15分)    


  田中邸:阿久比町宮津字宮本37: 0569-48-0012


 バス時刻表           (田中邸地図)




  6月29日(土)

  場所 一宮市スポーツ文化センター

         
  時間  13:30~